月の資源開発、米国がルールづくりに先手
編集委員 小玉祥司

小玉 祥司
Nikkei Views
編集委員
2020/7/27 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日米両国が月探査で協力を深めている。7月上旬には共同宣言に署名し、日本人宇宙飛行士の月面着陸への期待が高まるが、月探査は宇宙での資源開発の入り口でもある。米国は日本や欧州などと月探査で協力する一方、参加国には資源開発に関する2国間協定を求める方針だ。日本も出遅れないよう国内法の整備などが急がれる。

共同宣言では米国が主導する月探査「アルテミス計画」について、総合的な協力や日本人宇宙飛行士の活動機…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]