キングジム、筆圧検知する電子ノート 8万ページ保存

2020/7/14 18:24
保存
共有
印刷
その他

キングジムは筆圧を検知する機能が付いたペンで、紙の上に書く感覚で書き込める電子ノート「フリーノ」を31日に発売する。8万7000ページ分の保存が可能。Wi-Fiを用いて文書の共有ができるほか、PDFファイルを保存して電子ペンで書き込める。紙の書類を印刷する手間が省け、在宅勤務の広がりによる需要も見込む。

キングジムが発売する電子ノート。筆圧を検知する機能が付いたペンで、紙の書き心地に近づけた

電子ペンはワコム製で、約4000段階の筆圧検知ができる。筆圧によって画面に表示される太さが細かく変わるため、文字の「とめ・はね・はらい」を再現できる。電子ペンの充電は不要。従来は充電が必要で、消費者から改善を求める声があった。

在宅勤務でも便利に使えるという。米ドロップボックスのクラウドストレージサービス「DropBox(ドロップボックス)」に対応し、Wi-Fiを用いて文書の保存や共有ができる。USBやマイクロSDカードにも対応する。

想定価格は電子ペンを含めて税別4万円前後。全国の家電量販店および文具店で販売する。2021年7月までに5000台の販売を目指す。

同製品は2019年12月から約3カ月、クラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」で支援を募った。電子ノート利用者の声を聞く目的でクラウドファンディングを始めたといい、サイト上で支援者からの意見を取り入れながら製品を開発した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]