オリパラ考

フォローする

コロナ禍でも着実に 心強い「長崎スタジアム」事業
編集委員 北川和徳

2020/7/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

通信販売大手のジャパネットホールディングス(長崎県佐世保市)がBリーグへの参入に向け男子プロバスケットボールチームを立ち上げる。2023~24年に開業を目指す「長崎スタジアムシティ」の運営をにらんだ取り組みだ。

九州新幹線が延伸する予定のJR長崎駅。そこから徒歩10分の場所に2万人以上収容する球技スタジアムを建設し、ジャパネットが親会社であるJリーグのV・ファーレン長崎の本拠地とする。それを中心…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

オリパラ考 一覧

フォローする
スマートシューズはランニングだけでなくウオーキングやビジネスシューズにも展開できそうだ(アシックスのスマートシューズ)

 アシックスがセンサーで足の動きを計測してランナーにアドバイスするランニングシューズを開発した。以前に紹介したスタートアップ企業「ノーニューフォークスタジオ」の技術を専門メーカーが進化させた国内初の本 …続き (9/23)

陸上の競技者は来年度から新たに日本陸連への「登録料」が必要になる(12日の日本学生対校陸上)

 日本陸連は2021年度から新たに競技者の「登録料」を設定することを決めた。選手として活動するためには、大学生以上は1000円、中高校生は500円を毎年、所属先や居住地のある都道府県の陸上協会(地方陸 …続き (9/16)


 新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、国同士が互いに入国を拒否したり制限したりする状況が続いている。五輪には通常200を超える国・地域が参加するが、日本も現在、150以上の国・地域を原則入国拒否の対 …続き (9/13)

ハイライト・スポーツ

[PR]