/

この記事は会員限定です

コロナ禍でも着実に 心強い「長崎スタジアム」事業

編集委員 北川和徳

[有料会員限定]

通信販売大手のジャパネットホールディングス(長崎県佐世保市)がBリーグへの参入に向け男子プロバスケットボールチームを立ち上げる。2023~24年に開業を目指す「長崎スタジアムシティ」の運営をにらんだ取り組みだ。

九州新幹線が延伸する予定のJR長崎駅。そこから徒歩10分の場所に2万人以上収容する球技スタジアムを建設し、ジャパネットが親会社であるJリーグのV・ファーレン長崎の本拠地とする。それを中心に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り758文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン