バルブ製造のキッツ、長野に研修・技術開発拠点

信越
千葉
長野
2020/7/14 17:31
保存
共有
印刷
その他

バルブ製造大手のキッツは14日、主力の茅野工場(長野県茅野市)の敷地内に研修や技術開発の拠点「イノベーションセンター」を建設すると発表した。投資額は19億円で、2022年3月の稼働を目指す。設計から試作まで一貫して行える施設も設け、顧客ニーズに応じた製品を速やかに開発できる体制を整える。

地上3階建てで、建築面積は1500平方メートル。1階は実習室や会議室のほか、製品のショールームを設ける。2階は開発・設計部門の作業スペースとして使用。3階には3D(3次元)プリンターなどを配備した「イノベーションスタジオ」を設け、設計や開発、試作などに活用する。

イノベーションセンターの隣接地には実験棟も新設し、より速やかな製品開発につなげる。建築面積は地上2階建てで、建築面積は500平方メートル。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]