8/15 3:00更新 マーケット 記事ランキング

  1. 1位: 在宅特需、相次ぐ意外な成長企業 ミシン・屋外用机…[有料会員限定]
  2. 2位: 任天堂「スイッチ」、中古でもなお新品の1割高[有料会員限定]
  3. 3位: 米中リスクじわり再燃 「新・中国関連株」に売り圧力[有料会員限定]
  4. 4位: NYダウ、続落で始まる 小売売上高が予想下回る
  5. 5位: 4大監査法人、IPO業務回避が顕著に 「監査難民」解消見えず[有料会員限定]
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,192,384億円
  • 東証2部 68,283億円
  • ジャスダック 94,588億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.22倍 --
株価収益率19.52倍23.99倍
株式益回り5.12%4.16%
配当利回り2.01% 1.76%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,289.36 +39.75
日経平均先物(円)
大取,20/09月 ※
23,280 +70

[PR]

スクランブル

フォローする

事業再編銘柄に熱視線、コロナ対応で収益力期待
証券部 野口知宏

2020/7/14 18:25
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大で経営環境が大きく変わるなか、株式市場では大胆な変化をいとわない企業への評価が高まっている。物色の対象は事業の撤退や買収などに機動的に取り組んでいる企業だ。背景には柔軟な事業の組み替えが競争力や収益力を高めるとの期待がある。

「コロナ禍では自社のビジネスモデルの精査が以前にも増して大事だ」。日興アセットマネジメントの小林敏紀氏はこう話す。従来の延長線上で漫然と事業を継…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム