名商、新しい名古屋の和菓子土産コンテスト 募集開始

愛知
2020/7/14 19:00
保存
共有
印刷
その他

名古屋商工会議所は「あたらしい名古屋の和菓子土産コンテスト」の募集を始めた。3~5社の商品をブランドとして認定し、「ういろう」に並ぶ名古屋の代表的な土産を目指す。応募の締め切りは8月14日で、11月までに試作品を完成してもらう。

応募条件は新たに開発する商品で、賞味期限が1週間以上あること。販売価格は800~1000円(税別)が望ましいという。ブランドが認定された会社は、専門家から包装デザインやネーミングの助言を無料で受けられる。名商の非会員でも応募できるが、ブランド認定を受けた場合は入会の必要がある。

担当者は「もともと和菓子業者は減少傾向。コロナ禍で土産物の販売がさらに厳しくなるなか、挑戦する企業を支援したい」と話す。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]