/

この記事は会員限定です

中銀デジタル通貨「各国と連携して検討」 骨太方針で

[有料会員限定]

政府が中央銀行のデジタル通貨(CBDC)の検討を公式に掲げることが分かった。近く閣議決定する経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)に盛り込む。日銀は1月に欧州中央銀行(ECB)をはじめとする海外の5中銀などと共同研究を始めた。政府も日銀と足並みをそろえ、米欧との協議を本格化させる。

骨太方針には日銀が技術的な調査のための実証実験を始めると紹介した上で「各国と連携しつつ検討する」と明記し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り662文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン