/

トクヤマ・双日など 石炭火力のCO2活用で技術開発

トクヤマは14日、双日、ナノミストテクノロジーズ(徳島県鳴門市)と共同で石炭火力発電所から発生する二酸化炭素(CO2)を化学素材の原料にする技術を開発すると発表した。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託事業として2022年度までの約3年間、研究開発に取り組む。CO2の有効利用で環境負荷低減につなげる。

トクヤマは板ガラスなどの原料になる炭酸塩を生産する。炭酸塩の製造工程では石灰石由来のCO2を原料として使用する。このCO2をトクヤマが持つ石炭火力発電所由来のCO2に一部置き換える。年間3万トンのCO2を有効利用する計画だ。発電所の燃焼排ガス中のCO2を吸収する技術を3社で開発する。

ナノミストテクノロジーズは水溶液を微細な霧状にする独自技術を生かす。霧状の水溶液はCO2に接触する面積が大きく、効率的にCO2を吸収できると見込む。トクヤマは、吸収したCO2を再利用するための技術開発などに取り組む。双日は事業性評価などを実施する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン