三菱重工、UAEの火星探査機打ち上げ延期 天候悪化で

中東・アフリカ
科学&新技術
2020/7/14 17:04
保存
共有
印刷
その他

三菱重工業は14日、アラブ首長国連邦(UAE)初の火星探査機「HOPE」を載せた基幹ロケット「H2A」42号機の打ち上げを延期すると発表した。当初の予定は15日早朝だったが、打ち上げる種子島宇宙センター(鹿児島県)の当日までの天候悪化が予想されているため。

三菱重工業が打ち上げを担うアラブ首長国連邦(UAE)の火星探査機「HOPE」

打ち上げの予備日は7月16日~8月13日で、新たな打ち上げ日は決定し次第改めて発表する。

HOPEの打ち上げは、三菱重がUAEの宇宙機関「モハメド・ビン・ラシドスペースセンター(MBRSC)」から2016年に受注した。同国は建国50周年の記念事業として火星探査計画を進めてきた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]