/

この記事は会員限定です

投信KPIは何のため 「悪法」が呼ぶ矛盾と効用

編集委員 前田昌孝

[有料会員限定]

宝くじの販売では「ここで買うと当たりが多い」といった迷信がある。しかし、金融庁が2018年に導入した投資信託販売会社の共通KPI(成果指標)は、振れが大きすぎ、どこで買ったらいいかの目安にすらならない。金融機関は「営業妨害だ」といいたい気持ちをぐっと抑え、別の独自指標を作成して関心をそらそうと懸命だ。新型コロナウイルスの流行は収束が見えず、投資リターンを期待しにくい時代になった。証券ビジネスは何...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2445文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン