非接触センサー活況 アルプスアルパインなど用途拡大

2020/7/15 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルス対策で「非接触」が注目を集める中、その実現に既存のセンサー技術を活用する動きが広がっている。電子部品大手のアルプスアルパインや液晶パネル大手のジャパンディスプレイ(JDI)は、触らずに操作するタッチパネルの活用先を広げる。多様なセンサーが普及すれば、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」市場の拡大につながる。

アルプスアルパインは、車載機器などで使われていた静電気を感知する既…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]