/

スタートアップ「4都市圏で集中支援」 竹本科技相

竹本直一科学技術相は14日の閣議後の記者会見で、スタートアップ企業の育成を後押しする「グローバル拠点都市」を選んだと発表した。東京、愛知、京阪神、福岡の4つの都市圏で、成長資金向けの補助金を優先的に振り分けるといった支援策を講じる。

竹本氏はスタートアップ企業が成長しやすい環境を整えて「米シリコンバレーに比肩する日本流の成長拠点をつくる」と強調した。

具体的には広域の都市圏で東京は川崎市、横浜市、埼玉県和光市、茨城県つくば市もまとめて対象とした。愛知に名古屋市と浜松市を、大阪には京都市と神戸市をそれぞれ組み入れて指定した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン