ALSOK、屋内のドローン警備を実験

2020/7/14 17:19
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

綜合警備保障(ALSOK)は14日、都内でドローンを使った屋内警備の実証実験をした。ドローンに搭載した6台のカメラの映像で自らの位置を特定し、全地球測位システム(GPS)の電波が届かない室内でも自律飛行ができる。映像は警備室のモニターで確認し、不審物などがあれば警備員が駆けつける。2021年春の実用を目指す。

スタートアップのジャパン・インフラ・ウェイマーク(大阪市)と共同開発したドローンを活用…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]