/

この記事は会員限定です

バングラLNG火力に690億円融資 3メガバンクなど

[有料会員限定]

政府はバングラデシュで液化天然ガス(LNG)火力発電を支援する。国際協力銀行(JBIC)や3メガバンクなどが690億円を協調融資する。政府系の日本貿易保険(NEXI)が貸し倒れリスクをカバーする。経済成長を続けるアジアで、高効率のガス火力で日本の存在感を高める。

対象は東京電力ホールディングス中部電力が折半出資するJERAが日本企業として初めて参画するバングラデシュの発電事業。同国の首都ダッカから約40キロの地点に発電容量71...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り327文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン