/

この記事は会員限定です

ポスト・コロナ時代の大学経営(5) 教育と研究を向上させる方策

鎌倉女子大学教授 山本清

[有料会員限定]

教育研究活動についても大学特性を踏まえたマネジメントが必要です。今年1月、中央教育審議会は「教学マネジメント指針」を公表し、「教育目的を達成するための管理運営」の確立を求めました。

この指針は教育改革を体系化し、供給者目線から学習者目線への転換を図る点で意義があります。入学から卒業までに対応する「入学者受入れの方針」「教育課程編成・実施の方針」「卒業認定・学位授与の方針」に沿った教学マネジメント確...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り645文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン