高精度3D地図なしで交差点認識 一般道でも自動運転

2020/7/22 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「クルマの交通量が少ない過疎地では、高精度3D(3次元)マップが作成されるまでに時間がかかる。だが、一方で過疎地は高齢者が多く、自動運転に対するニーズが高い。高精度3Dマップがなくても交差点を認識できる技術が求められている」。米半導体大手エヌビディアの日本法人でシニアソリューションアーキテクトを務める室河徹氏は、同社が人工知能(AI)で交差点を認識する技術を開発した背景をこう説明する。

室河氏に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]