福岡銀行、AIが顧客の詐欺被害や認知低下検知

2020/7/14 15:08
保存
共有
印刷
その他

福岡銀行は人工知能(AI)開発スタートアップのエクサウィザーズ(東京・港)と共同で、顧客が詐欺被害にあったり、認知能力が低下していたりしないか、チェックするサービスを開発した。銀行口座情報をもとに、高額の引き落としがあったり、同じ商品を口座振り替えで何度も購入したりした場合、本人や家族に通知する仕組みで、試験運用を始めた。

詐欺被害や認知機能の低下を検知する「見守りサービス」として、2020年度中に全口座保有者向けにサービスを提供する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]