韓国、21年の最低賃金1.5%増 伸び率過去最低

2020/7/14 15:00
保存
共有
印刷
その他

【ソウル=細川幸太郎】韓国の最低賃金が2021年に20年比1.5%増の8720ウォン(約770円、時給ベース)となる見通しとなった。上昇率は1988年の制度開始以来の最低水準。所得主導成長を掲げる文在寅(ムン・ジェイン)政権の経済政策が暗礁に乗り上げている。

労使双方の有識者、学識経験者らで構成する最低賃金委員会が14日、協議結果を発表した。雇用労働相が8月上旬に正式に決定する見通しだ。

最低賃…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]