山形知事、GoTo事業「手放しで喜べない」

2020/7/14 13:00
保存
共有
印刷
その他

新しい生活様式への対応を求める山形県の吉村美栄子知事(14日、県庁)

新しい生活様式への対応を求める山形県の吉村美栄子知事(14日、県庁)

山形県の吉村美栄子知事は14日の記者会見で、国内旅行の代金を補助する国の「Go To トラベル」事業について、「地方としては手放しで喜べない」と述べた。新型コロナウイルスの感染が再び拡大するなか、「この時期に全国一斉にするのはいかがなものか」と懸念を示した。

吉村知事は、東京都内での感染者増加に懸念を示したうえで「まずは近隣地域の誘客からはじめて、段階的にひろげるよう要請している」と説明。「予算配分を含め、一律ではなく地域の実情にあったやり方を、地方に任せていただければありがたい」と述べた。

県内では13日、首都圏から来県した2人の感染を確認している。吉村知事は「首都圏への移動はできるだけ控えていただきたい」と述べたものの、自粛は求めない意向を示した。「感染予防の基本となる新しい生活様式を実践し、冷静に行動してほしい」とも求めた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]