/

中国、6月の輸出・輸入とも増加 6カ月ぶり 経済回復映す

【北京=原田逸策】中国税関総署が14日発表した2020年6月の貿易統計(ドル建て)によると輸出は前年同月比0.5%増の2135億ドル(約22兆8千億円)、輸入は同2.7%増の1671億ドルだった。輸出、輸入ともに前年同月の水準を上回るのは19年12月以来、6カ月ぶり。新型コロナウイルスからの経済回復を映した。

市場予想の平均は輸出が前年同月比2%減少、輸入が同9%減少だった。輸出、輸入とも市場予想を大きく上回った。

輸出から輸入を差し引いた貿易収支は464億ドルの黒字だった。輸入の回復で黒字額は前年同月より9%減った。

輸出が前年同月の水準を上回るのは4月以来、2カ月ぶりだ。マスクなど医療物資のほか、在宅勤務の広がりでパソコンも好調だった。他の主要国に先駆けて新型コロナを抑えこみ、各国の輸入に占める中国製品のシェアも上がったようだ。

輸入が前年同月の水準を上回ったのは2月以来4カ月ぶりだ。年に1度の重要会議、全国人民代表大会(全人代、国会に相当)を5月末に終え、6月から経済対策の執行が加速し、内需が回復したことが背景にある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン