全12公演で観客らの感染確認 東京都は休業要請検討

2020/7/14 12:31
保存
共有
印刷
その他

ライズコミュニケーションのホームページに掲載された新型コロナウイルスの感染についての案内

ライズコミュニケーションのホームページに掲載された新型コロナウイルスの感染についての案内

東京都新宿区の劇場で開催された舞台公演で出演者や観客らが新型コロナウイルスに集団感染したことをめぐり、主催者は14日までに、開催期間中の全ての公演で観客らの感染を確認したと明らかにした。

都は主催者と劇場に再発防止策の提出を求め、提出がなければ同様の公演の中止や施設への休業要請も検討する。出演者とスタッフ約50人と観客約800人の計850人を濃厚接触者と判断して検査を推奨し、感染経路の特定など調査を進める。

都によると、集団感染が起きたのは「新宿シアターモリエール」で6月30日~7月5日に開かれた「THE★JINRO イケメン人狼アイドルは誰だ!!」で、1日2回、全12公演が行われた。

13日までに出演者やスタッフ、観客ら計27人の感染が判明し、主催者の「ライズコミュニケーション」(東京・渋谷)によると、全公演で観客ら複数の感染が確認された。

劇場側は定員186人の半数程度での上演を主催者に要請していたという。都や保健所は、劇場内での業界別ガイドラインの順守状況などを調査しているが、主催者の全スタッフが濃厚接触者となり、聞き取りが進んでいない。

都によると、「参加者には都外在住の人もたくさんいる状況」とし、主催者から提出される参加者リストを基にそれぞれの居住地の保健所に調査を依頼する方針だ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]