シンガポールGDP12.6%減、4~6月期 過去最悪

2020/7/14 11:19
保存
共有
印刷
その他

【シンガポール=中野貴司】シンガポール貿易産業省は14日、同国の4~6月期の実質国内総生産(GDP、速報値)が前年同期比で12.6%減少したと発表した。減少率はデータの遡れる1976年以降で最大。通年でも65年の独立以来、最悪のマイナス成長に陥る見通しだ。

シンガポールは新型コロナウイルスの感染者拡大を受け、4月7日から6月1日までの約2カ月間、不要な外出を禁止し、多くの職場を閉鎖した。操業を許…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]