WHO「多くの国、誤った方向に」 コロナ累計1300万人

南西ア・オセアニア
中南米
2020/7/14 5:13 (2020/7/14 10:12更新)
保存
共有
印刷
その他

インドは新規感染者数でブラジルを抜いた(10日、ニューデリー)=ロイター

インドは新規感染者数でブラジルを抜いた(10日、ニューデリー)=ロイター

【サンパウロ=外山尚之】新型コロナウイルスの世界の累計感染者数が1300万人を超えた。新規感染者数でインドがブラジルを抜き2番目になったほか、南アフリカも新規感染者数が1万人を超え、新興国でのまん延が深刻だ。米国も感染者が増え続けている。

世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は13日の記者会見で「あまりにも多くの国が誤った方向に進んでいる」と強調した。「オールドノーマル(旧常態)に戻ることは当面ない」と懸念を示した。

米ジョンズ・ホプキンス大によると、米東部時間13日午後5時(日本時間14日午前6時)時点で世界の累計感染者数は約1300万人、死者数は約57万人だった。12日集計分のインドの新規感染者数は約2万8700人と過去最多を更新し、ブラジル(約2万4800人)を上回った。

インド政府は検査数を1日20万件に増やしたのが増加の原因と説明するが、店舗閉鎖などを強いる都市封鎖を6月8日に大幅に緩和してから感染増が加速している。特に商都ムンバイ、首都ニューデリー、製造業が集積する南部チェンナイなど人口密度が高く、他人と一定の距離を保ちにくい都市部で深刻だ。

感染者は警察官や医療関係者、製造現場で働く人、米国などからの帰国者らが中心で、感染経路が不明の人も多いようだ。インド映画界の大スター、アミタブ・バッチャン氏も11日にツイッターで感染を報告した。各地でベッドを増床する動きが出ている。

死者数では中南米・カリブ地域の増加基調が続く。12日集計分で中南米の累計死者数は14万5千人弱と、米国とカナダの合計(14万4千人)を超えた。貧弱な医療インフラや所得格差が死者数の増加を招いており、12日時点の死者数はメキシコがイタリアを超えて世界で4番目になった。

新興国と並び深刻なのが米国だ。12日の新規感染者数は5万9千人と、インドやブラジルの2倍以上。米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)によると、全50州のうち42州で新規感染者数が増加しているという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]