大阪万博 顔役設けず プロデューサー10人、多様性重視

2020/7/13 21:30
保存
共有
印刷
その他

2025年国際博覧会(大阪・関西万博)の司令塔となるプロデューサーに13日、映画監督の河瀬直美氏や落合陽一・筑波大准教授ら計10人が選ばれた。万博の運営主体「日本国際博覧会協会」は、象徴的な建築物を設けない「離散型」の会場計画と同様に、全体を調整する「総合プロデューサー」は置かず、それぞれの個性を発揮してもらうことを重視した。

「これからが万博の勝負のとき。準備活動が本格的なフェーズに突入した」…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]