制度フル活用し短期間で第三者承継 アイゼック

2020/7/14 15:55
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「借入金も完済したし、会社をどう残すか考えなければ」。2018年10月、監視カメラ製造会社アイゼック(東京都府中市)の吉良修社長(当時、72)は、東京都多摩地域事業引継ぎ支援センター(同立川市)を訪ねた。自ら創業した会社を残すことを条件に、後継者探しを依頼した。

同社の監視カメラは、低価格ながら映像から機械の故障の原因特定にも使われる高精度の映像を保存できる。経営は安定していた。半面、一人娘の長…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]