/

この記事は会員限定です

脱石炭火力、稼働年数で選別 地域ごと激変緩和も

[有料会員限定]

エネルギー政策の新たな長期計画の策定に向けて、電力会社に低効率な石炭火力発電所の削減を促す議論が始まった。対象とする発電所の稼働年数などの線引きや、地域の事情に応じた激変緩和措置が焦点になる。電力各社の経営はもちろん、地方の雇用にも影響を与えかねないだけに難航が予想される。

石炭火力は環境負荷が大きいとして国際社会で批判が高まり、投資マネーも脱石炭の動きが広がる。日本は梶山弘志経済産業相が3日、段...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り968文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン