/

この記事は会員限定です

旅館内混雑 AIで予測、高知の老舗旅館で稼働

[有料会員限定]

北海道大学発のスタートアップで研究開発拠点を札幌市内に置くAWL(アウル、東京・千代田)は、高知市内の老舗旅館である城西館に館内の混雑度を検知する人工知能(AI)システムを導入した。朝食会場と男女それぞれの浴場入り口に端末を計3台設置。利用者に混雑状況を示し、新型コロナウイルス感染源の「3密」を防ぐ。

四国4県の施設でアウルの新型コロナ対策機能を搭載したタブレット端末を導入したのは城西館が初めて。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り277文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン