/

この記事は会員限定です

軽トラのキャンピングカー 「シェルター」着脱可能

[有料会員限定]

山口県下関市の造船関連の鉄工所が製造する軽トラキャンピングカーの人気が高まっている。頑丈さと値ごろ感から、2019年10月の発売直後から注目を集め、これまでに約60台を販売した。新型コロナウイルスの影響で、キッチンカーなど業務用として購入する顧客も増えている。

軽トラキャンピングカー「トリパル」を開発したのは、みとも(下関市)と天盛(同)。両社とも主に造船関連の下請け業務を手掛け、社長は脇山等氏が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り868文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン