「患者にわいせつ」医師に逆転有罪 東京高裁判決

社会・くらし
2020/7/13 17:41 (2020/7/13 18:46更新)
保存
共有
印刷
その他

手術を終えたばかりの女性患者にわいせつな行為をしたとして、準強制わいせつ罪に問われた医師、関根進被告(44)の控訴審判決が13日、東京高裁であった。朝山芳史裁判長(細田啓介裁判長代読)は無罪とした一審・東京地裁判決を破棄、懲役2年の逆転有罪を言い渡した。弁護側は上告した。

公判では、全身麻酔手術を終えた女性の被害証言と、体の付着物から医師のDNA型が検出されたとする鑑定結果の信用性が争われた。一…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]