北海道北斗市が「ほくと割」、1泊最大5000円補助

北海道
2020/7/13 18:00
保存
共有
印刷
その他

北海道北斗市は13日、新型コロナウイルス対策第6弾となる2020年度一般会計補正予算案(約3億2100万円)を発表した。市内ホテル・旅館宿泊代の半額分を市が補助して、観光客を呼び込む「ほくと割」を実施する。上限は1泊5000円で、予算枠は4500万円。

利用者の居住地域に制限は設けないが、首都圏での感染拡大を踏まえて「感染者が少ない道南と東北地方でPRする」(池田達雄市長)方針だ。

このほか、感染防止に気を配りながら業務を続けている保健や医療、福祉関連の事業者に応援金を給付する。金額は1法人25万円、1事業所5万円。さらに各町内会に感染防止対策の経費として10万円を交付する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]