バスの混雑度スマホで確認、じょうてつバスが20日から

2020/7/13 17:15
保存
共有
印刷
その他

じょうてつなどが開発したバスの3密回避システム

じょうてつなどが開発したバスの3密回避システム

東急グループのじょうてつ(札幌市)とスマホ向けコンテンツ開発のメディア・マジック(同市)は13日、運行中のバス1台1台の混み具合をリアルタイムで地図上に表示するシステムを開発したと発表した。20日から、スマートフォンの地図上でほぼ全てのバスの混み具合を確認できる。

「バスキタ!じょうてつ」では混雑度合いを「空いている」「やや混んでいる」「混んでいる」の3段階で表示する。対象は札幌駅と定山渓温泉の間で運行する乗り合いバス「かっぱライナー号」を除くじょうてつの全路線。同社によると、同様のシステムは道内初。

4月から経路検索結果にバスの混雑状況も表示できるようにしており、20日以降は地図上を走るバスから選択して確認できるようになる。新型コロナウイルスの感染拡大で混雑を避ける需要が高まっているとみて、サービスを拡充した。サイトへは停留所のQRコードなどから誘導する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]