浜松の遠州信金、地元の店利用で金利上乗せ

2020/7/13 19:20
保存
共有
印刷
その他

遠州信用金庫(浜松市)は13日、提携する地元の飲食店などを利用した上で定期預金口座に預け入れると、通常より高い金利が適用される「えんしん地域応援定期預金」を始めた。新型コロナウイルスの影響を受けた遠州(静岡県西部)地域の店の集客につなげる。

遠州信金が発行する割引券「えんちゃんクーポン」などで提携している飲食店や小売店を利用し、レシートを添えて口座に預け入れる。1万円以上の買い物が条件で、使った金額に応じて0.2~0.5%の金利が1年間適用される。預け入れる金額は、1件あたり10万~100万円。新規に口座を開設する場合も対象になる。10月30日までに50億円の預け入れを募る。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]