モス、ロボットでリモート接客の実証実験

2020/7/13 17:00
保存
共有
印刷
その他

モスバーガーを展開するモスフードサービスは13日、身体に障害のある人が遠隔地からロボットを操作して接客する実証実験を始めると発表した。新型コロナウイルスの感染を防ぐための非接触型の接客サービスとして運用できるかどうか検証する。外出が難しい障害者に働く機会を提供し、社会参加にもつなげる。

遠隔地の障害者が注文を聞き取る

福祉ロボット開発のオリィ研究所(東京・港)が開発した全長約23センチメートルのヒト型ロボット「OriHime(オリヒメ)」を使う。7月27日から約1カ月間、東京都品川区にある「モスバーガー大崎店」で実験する。

身体に障害のある関西地方の男女2人が平日の午後2時から午後6時までロボットの「パイロット」として働く。遠隔からロボットを操作して来店客の注文を聞き取り、スマートフォンやパソコンを通じて店内のスタッフに内容を伝える。

決済は店内の有人レジで行うが、実用化する場合にはロボットを通じて注文から決済まで行えるよう機能を広げる。

モスは今回の実験結果を検証し、2020年度内にはドライブスルーの注文などでの実験を行う予定だ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]