ポスト・コロナ時代の大学経営(4) 戦略と計画の重要性
鎌倉女子大学教授 山本清

やさしい経済学
2020/7/14 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大学は長期的な視点から知的創造を行うため、企業のような目標を明示した中期計画は向かないとされていました。しかし、日本でもそうした状況に変化が起きています。

2004年度からの法人化で、国公立大学では教育研究や社会貢献等の中期計画(6年)の策定が始まりました。私立大学も私立学校法改正で20年度から教学、人事、施設、財務等の中期的な計画(5年以上)策定が義務化されました。

この制度化は、直接統制から…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]