成果に報いる医療制度を 豊田剛一郎氏
メドレー代表取締役

私見卓見
2020/7/14 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの感染拡大は、日本の医療の本質的な問題のいくつかを浮き彫りにした。一つはICT(情報通信技術)活用の遅れだ。私は医療ベンチャーで働くが、オンライン診療への規制が緩和されたのを機に、ICTを安全で有効に活用できる体制をつくっていく必要があると考える。

対面診療にオンラインという手段を組み合わせれば、生活習慣病などの患者は、通院や服薬を継続しやすくなる。ただ普及には課題もある。20…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]