/

この記事は会員限定です

官民連携でコロナ対策 WHO支援に民間資金2億ドル超

科学記者の目 編集委員 滝順一

[有料会員限定]

新型コロナウイルス感染症から人々の健康を守る世界保健機関(WHO)の活動を助けるため発足したグローバルな募金活動に約2億2400万ドル(約240億円、7月8日時点)が世界の企業や個人から集まった。新型コロナウイルス感染症連帯対応基金(ソリダリティ・レスポンス・ファンド)の日本での受け入れ窓口、日本国際交流センターの伊藤聡子チーフ・プログラム・オフィサーに民間から支援の意義などを聞いた。

――短期間...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1956文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン