/

この記事は会員限定です

茨城観光、キャンプに活路 3密避け家族で自然満喫

北関東フォーカス

[有料会員限定]

夏場の海水浴場開設が中止されるなど観光に逆風が続く茨城県で、キャンプ場の客足が伸びてきた。密閉や密集など「3密」を避けつつ、近場で安価なレジャーを楽しみたい家族連れに支持されている。キャンプ場の数が実は国内トップ級。首都圏からの新型コロナウイルス感染防止は課題だが、県も秋冬を含めた通年で楽しめるレジャーとして期待を寄せる。

鹿島灘に近く、風力発電施設や製鉄工場がそばに見える日川浜オートキャンプ場(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1209文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン