/

この記事は会員限定です

長野・松本の息吹伝える雑誌発行、古書店の渡辺氏

多彩人財

[有料会員限定]

地域活性化には「よそ者」の視点が必要だといわれる。長野県松本市の松本城近くにある古書店、想雲堂の店主である渡辺宏さんはその体現者の一人だ。甲府市出身だが、脱サラで開業する場所として松本を選んだ。これまでに市内のカレーを食べ歩くスタンプラリーを仕掛け、本と街を楽しむための雑誌「松本の本」も創刊した。松本好きの人たちと共に「松本の良さ」を発信し続ける。

大学で民俗学などを学んだ渡辺さんは山梨県での会社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り794文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン