日経平均終値は493円高 コロナ治療薬に期待感

2020/7/13 9:07 (2020/7/13 15:40更新)
保存
共有
印刷
その他

13日の東京株式市場で日経平均株価は反発し、前週末比493円93銭(2.22%)高の2万2784円74銭で終えた。きょうの高値で終え、6月10日以来およそ1カ月ぶりの高値となった。米国で新型コロナウイルスの治療薬の開発期待が強まり、景気敏感業種を中心に幅広い銘柄に買いが広がった。中国の上海株式相場が堅調だったことも支えとなり、東証1部上場の9割超の銘柄が上昇した。

上場投資信託(ETF)の分配金…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]