/

米の新規感染6万1300人 フロリダ、4月のNY抜き最多

(更新)

【シリコンバレー=佐藤浩実】米国で新型コロナウイルスの感染拡大が続いている。検査状況をまとめる「COVIDトラッキングプロジェクト」によると、12日の新規感染者数は約6万1300人と3日連続で6万人を上回った。傾向をみるための7日移動平均では5万8700人と最多を更新した。

約2100万人が暮らす東部フロリダ州では同日の新規感染者数が1万5千人を超えた。感染拡大が深刻だった4月中旬のニューヨーク州(1万1571人)や、7月上旬のカリフォルニア州(1万1694人)を上回り、州別の1日あたりの感染者数として最多となる。

人口や検査数の違いはあるものの、フロリダ州では検査を受けた人に占める感染者の割合を示す「陽性率」が過去1週間13~21%で推移。10%を下回っていた6月から大幅に上昇している。症状の軽い40歳前後の感染者が目立つ。これまでに入院した重症者は累計約1万8300人にのぼる。

トランプ米大統領に近いとされるフロリダ州のデサンティス知事はコロナ禍でも経済活動の再開を優先してきた。

11日には米ウォルト・ディズニーが同州の「ディズニーワールド・リゾート」を4カ月ぶりに再開したものの、マスク着用を義務付けて入園者数を絞るなど通常営業にはほど遠い。それでもSNS(交流サイト)には再開に対する批判があふれ、8月に同州で予定する学校再開への反発も強まっている。

州別ではテキサス州も11日の新規感染者数が1万人を上回り、同州として最多を更新した。4千万人が暮らす西部カリフォルニア州やアリゾナ州の新規感染者数も高止まりしており、米国で新型コロナの感染が収束する兆しは見えていない。

米ジョンズ・ホプキンス大によると、世界の新規感染数は11日集計分で約21万9400人。米東部時間12日午後9時(日本時間13日午前10時)時点で、累計の感染者数は1286万人となった。米国のほか、ブラジルやインドなどで増加基調が続いている。死者数は56万8千人を超えた。

新型肺炎
米大統領選

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン