ポーランド大統領選、現職わずかにリード 出口調査

2020/7/13 6:40 (2020/7/13 7:33更新)
保存
共有
印刷
その他

【ベルリン=石川潤】12日実施のポーランド大統領選挙の決選投票は、愛国的な保守与党「法と正義」出身で現職のドゥダ氏(48)とリベラル派の野党候補、トゥジャスコフスキ氏(48)が激しく競り合う展開になった。出口調査などをもとにした日本時間13日午前7時すぎ時点の情勢ではドゥダ氏が50.8%で、トゥジャスコフスキ氏の49.2%をわずかにリードしている。

12日夜に出口調査の結果が発表されると、ドゥダ…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]