/

白善燁氏が死去 元韓国陸軍大将、「朝鮮戦争の英雄」

【ソウル=細川幸太郎】朝鮮戦争で激戦地の戦闘を指揮した白善燁(ペク・ソンヨプ)元韓国陸軍大将が10日深夜、死去した。99歳だった。韓国では「朝鮮戦争の英雄」と呼ばれる。韓国聯合ニュースが報じた。

白氏は1920年、現在の北朝鮮の平安南道生まれ。朝鮮半島が日本の植民地支配から解放された後に韓国軍の創設に携わった。朝鮮戦争(50~53年)では北朝鮮軍の南侵を防ぎ、連合軍とともに北朝鮮の軍を北側に押し戻した。その功績が認められ、韓国陸軍初の大将となった。

朝鮮戦争の休戦後は、合同参謀会議議長などを歴任。軍退役後は外交官としてフランス大使などを務めた。70年のよど号ハイジャック事件では解決に尽力した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン