/

この記事は会員限定です

裁判ウェブ会議、6月は599件 コロナ対策で積極運用か

[有料会員限定]

民事訴訟の手続きをオンラインで進める「ウェブ会議」の6月の実施件数が599件(速報値)で、新型コロナウイルスの緊急事態宣言が発令されていた5月の7.1倍に上ることが12日までに、最高裁への取材で分かった。感染の再拡大に備えて、積極運用されたとみられる。

ウェブ会議は非公開の争点整理が対象で、裁判所と弁護士事務所などをビデオ会議システムでつなぐ。原告・被告側が裁判所に出頭する負担がなくなり、日程調整...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り520文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン