/

この記事は会員限定です

シンガポール総選挙で野党増、与党「恐怖の政治」効かず

[有料会員限定]

【シンガポール=中野貴司】最大野党が国会の全93議席のうち10議席しか得られなかったとすれば、多くの国で惨敗と受け止められる。しかし、与党・人民行動党(PAP)の長期政権が続くシンガポールでは歴史的な躍進という評価になる。10日投開票された同国の総選挙で、野党の労働者党は独立以来、初めて2ケタの議席を獲得した。

シンガポールの選挙制度は特殊だ。4~5人の候補者がチームを組み、多数を得た党が議席を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1812文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン