/

この記事は会員限定です

シンガポール総選挙 有識者に聞く

[有料会員限定]

10日投開票のシンガポール総選挙で与党の人民行動党(PAP)の得票率は61.2%と、過去最低の2011年(60.1%)に近い水準に低迷した。一方、主要野党の労働者党(WP)は議席を改選前の6議席から10議席に増やした。有権者のPAP離れの背景には何があるのか。今回の総選挙の歴史的意義は何か。シンガポール内外の有識者に聞いた。(シンガポール支局=谷繭子、岩本健太郎、中野貴司)

シンガポールの民主主義、一歩前進 ドナルド・ロー氏...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1725文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン