/

この記事は会員限定です

岡井隆さん 安住と闘った戦後短歌の巨人

[有料会員限定]

「どうして今の歌人は詩や俳句の新しい動きに無関心なのだろう」。岡井隆さんが語ったその言葉が、今も忘れられない。すでに80歳を超え、宮中歌会始の選者を長く務めていたが、この大歌人の知的関心はとどまるところを知らなかった。文学、哲学、自然科学と広がる膨大な読書は80代後半まで執筆が続いた数々の詩歌評論の背骨となった。結社の中に安住する停滞と、身をもって闘い続けた人だった。

斎藤茂吉や土屋文...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り443文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン