/

この記事は会員限定です

企業価値、コロナで一変 リーマン以来の順位激動

チャートは語る

[有料会員限定]

世界の株式時価総額ランキングに「地殻変動」が起きている。1社あたりの順位変動は2008年のリーマン・ショック以来の大きさだ。新型コロナウイルスの広がりが経済の転換を加速させるとみた投資マネーが、次の成長企業を探して急激に動いている。日本企業が上位に残り続けられるか、正念場だ。

東南アジアの騰訊控股(テンセント)――。ニューヨーク証券取引所に上場するシンガポールのIT(情報技術)企業シーはこう呼ば...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1679文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

チャートは語る

日本経済新聞社はデータ分析を強化します。「チャートは語る」では様々なデータの分析で経済や市場、企業などの潮流を浮き彫りにします。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

速報

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン