亀井元金融相元秘書に300万円か 河井夫妻買収事件

中国
広島
社会・くらし
2020/7/11 8:01
保存
共有
印刷
その他

2019年7月の参院選を巡る公職選挙法違反事件で、前法相の河井克行被告(57)が亀井静香元金融相の秘書だった男性に計300万円を渡していた疑いがあることが11日、関係者の話で分かった。東京地検特捜部が起訴内容とした配布先の100人に含まれ、1人が受け取った額としては最多という。

起訴状によると、克行前法相は昨年3~8月、地元議員ら100人に参院選での集票を依頼する趣旨で計約2900万円を渡したとされる。妻で参院議員の案里被告(46)はこのうち170万円について克行前法相と共謀したとされる。

関係者によると、克行前法相が元秘書の男性に2回にわたって計300万円の現金を提供したという。特捜部は当初、克行前法相が計約2570万円を地元議員らに配ったとして逮捕し、その後の捜査で元秘書分を含む計6人に320万円超を配ったことを認定し、起訴時に加えたという。

克行前法相が現金提供の一部を認める一方、買収の趣旨を否定。案里議員も否認している。夫妻は起訴後にそれぞれ保釈を請求し、東京地裁が週明けにも可否を判断するとみられる。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]