NY、コロナ禍の空港を歩く 旅の安全「清潔さ」新条件に

2020/7/13 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ニューヨーク=大島有美子】世界で群を抜く新型コロナウイルスの感染者を出している米国。国土が広く、飛行機は自動車と並び人々にとって欠かせない「足」だ。米国は2001年の同時テロ以降、テロや犯罪防止へ空の安全対策を強化してきたが、空の旅にはコロナ禍で「清潔さ」という課題も加わった。最も深刻なコロナ感染地となったニューヨークで新たな「旅の安全」を模索する動きを追った。

7月9日午前8時半、ニューヨー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]