ノーベル賞作家「誇り奪う」 世界遺産のモスク化で

中東・アフリカ
2020/7/11 2:38 (2020/7/11 5:45更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【イスタンブール=木寺もも子】世界遺産アヤソフィアをモスクとするトルコ政府決定について、同国初のノーベル文学賞作家、オルハン・パムク氏は「世俗主義国家としての国民の誇りを奪われた」と批判した。10日、日本経済新聞の取材に応えた。

パムク氏はアヤソフィアについて「(建国の父)アタチュルクが(宗教的に中立の)博物館とした…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]